太田和株式会社_外観 織物 織り機

手仕事の美しさ

太田和は創業以来、手織物を中心とした
伝統的でありながらも現代に調和する
きものと帯を専門に、
全国のお店に卸しています。
手間をかけ作られる製品には、作り手の素材や
技法へのこだわりなど様々なストーリーがあります。
私たちはそのような、美しさの背景も伝えられる
問屋でありたいと思い、ものづくりの現場から
直接話を伺うことを大切にしています。
私たちはこれらからも作り手が見える問屋として、
作り手と小売店の橋渡しを担い、日本の先染め織物を
次世代に伝えていきます。

糸 染織りイメージ

取扱商品

岡本絋子作 帯 黄八丈めゆ工房 着尺画像 斉藤佳代子作 帯 塩沢紬 着尺画像
岡本絋子作 帯

岡本絋子作 帯

黄八丈めゆ工房 着尺画像

黄八丈めゆ工房 着尺

斉藤佳代子作 帯

斉藤佳代子作 帯

塩沢紬 着尺画像

塩沢紬 着尺

詳しくはこちら

ごあいさつ

染め織りの本物の世界は本当に面白い。
雨と泥の中で芭蕉を倒す人、
黄八丈の反物をタワシで洗う人、
お湯のタライの繭からサナギを取り出し輝く真綿をとる人、
織り上げた布を雪上に晒す人、
綿から糸にして子や孫への思いを絵絣で表現する人。
手間をかけたものは限りなく美しい。
その思いをこれからも後世に伝えたいと思います。

代表取締役社長
太田 馨

太田和(株)展示場

取り組み

個展

平成17年の「移ろいの絣 深石美穂絹織展」を第一回に、柳崇・池田リサ・添田敏子さんなど染織作家の作品を三条柳馬場ギャラリーやイノダコーヒで展示
現在も各地の作り手を弊社展示場に招き、作品展示をしています。

研修会

平成18年より、小売店様向けの産地訪問研修会をスタート
奄美大島や八丈島、木綿産地の山陰など、これまで様々な現場を訪問しています。

出版

平成20年 「型染 添田敏子」(阿部出版)
平成29年~ 美しいキモノ(ハースト婦人画報社)にて「作り手の春夏秋冬」連載企画
芥川賞作家 小野正嗣さんと8人の作家を訪ねました。

品質への責任

天然の素材・染料を使った染織物がより良い状態に保てるよう、加工や地直しをそれぞれ専門に行う
職人たちと取り組んでいます。

天然素材を扱う職人 天然素材イメージ